ペット可物件ではいっそう大切なネコのしつけのポイント

飼い主は「ネコトイレ番」に徹しよう

ペット飼育OKの賃貸物件に共通する飼育マナーは、排泄物の始末、ニオイや騒音の管理、柱や壁面などの保護、脱走防止の対策などです。
特にネコとの暮らしで、敷金をなるべく減らしたくない場合は、できるだけ「汚さない」「傷つけない」の2点に注意することがポイントですが、その要となるのが、トイレと爪とぎのしつけです。
ネコはキレイ好きなので、トイレを不潔なままにしておくと、トイレ以外の場所で用を足し、自分の排泄物のニオイが付いたその場所を新しいトイレと認識してしまうことがあります。
そこでトイレについては、排泄物をそのつど完全に片付け、こまめに掃除し猫砂を足しておくなどのメンテナンスが欠かせません。
ネコは体臭が無い分、尿などの排泄物に特有の強いニオイがあるので、消臭効果の高い猫砂やトイレマットなどの製品を試してみても良いでしょう。
ちなみに万が一、ネコが粗相をした場合、頭やお尻を叩いて叱ることは絶対にしてはいけません。
ネコは、自分の失敗と叩かれたことを結び付けて考えることができず、そのため恐怖心から情緒不安定になる可能性もあるといいます。
ペットのしつけに体罰は逆効果と心得て、気長に根気良く続けることが近道です。

飼い主は「ネコトイレ番」に徹しよう

爪とぎとストレスの関係にも注目して

ネコの爪とぎは本能的な行為なので、やめさせることは不可能です。
でも、だからと言って好き放題させていると、壁紙や柱、家具などに爪や歯を立て、床や壁をボロボロにしてしまい、退去時に敷金を大幅に上回る原状回復費を請求される可能性もあります。
ペット可賃貸物件とは、「だからペットが何をしてもいい」という意味では決してないので、予想し得る被害については徹底してディフェンスに回るのが得策です。
理想としては、飼い主が爪とぎOKの場所を決め、用意した爪とぎ台で爪をとぐようにしつけることです。
傷つけては困る場所をひっかき始めたら、決めた場所に誘導する、あるいは気に入った風な場所に爪とぎ台を移動させ、爪とぎの動作をさせて訓練しましょう。
新しく迎えた仔猫の場合はこうしたしつけも比較的スムーズにいきますが、人間の都合で爪とぎの場所を変えるのが難しい成猫の場合、ネコ自身が好む場所を尊重したほうが良いかも知れません。
爪とぎ台は、ダンボールや織物、麻縄などいろいろな素材とスタイルの製品が市販されているので、いくつか種類を試してみて、お気に入りのタイプを見つけてください。
古いカーペットの端切れや、サンプルなどを利用しても良いでしょう。
大切な柱や壁を守るなら、なめらかで爪がかかりにくい保護シートでガードする手間も惜しんではいけません。
また、ふすまや障子など、ひっかき被害に遭いそうなものはあらかじめ外しておくか、ひっかきに強い障子紙などに換えてみるのも方法です。
ネコの爪とぎ行為は、爪のメンテナンスやなわばりの誇示という目的の他に、ストレス解消の手段でもあります。
キャットタワーなどで十分な運動ができるよう配慮したり、ネコが誘ってきたときは飽きるまで遊びの相手をして、ストレス発散をサポートしましょう。

爪とぎとストレスの関係にも注目して

ページトップへ

ペット可物件をお探しならペット賃貸カンパニー
電話でのお問い合わせ:03-5989-1625 営業時間:10:00~19:00 定休日:水曜日
メールでのお問い合わせ