ペット可物件で知っておくべき猫アレルギーの知識

猫アレルギーを正しく理解しよう

猫が好き、嫌いに関わらず、ちょっと厄介なのが「猫アレルギー」の問題です。
猫アレルギーなのでネコにさわれないとか、ネコは好きだが家族に猫アレルギー持ちがいるので飼えないという話はよく耳にしますが、猫アレルギーの正体についての正しい知識はあまり浸透していないのではないでしょうか。
猫アレルギーとは、猫が持つアレルゲン(原因物質)に触れることで、くしゃみや鼻水、目の充血、目や鼻や皮膚のかゆみ、せきなどの風邪に似た症状が現われる人の体質を指します。
猫アレルゲンは主に、ネコの唾液や脂腺に含まれる物質が知られていますが、花粉やホコリなどに比べて非常に小さい上、地球上のあらゆる場所に存在するとさえ言われているので、完全に避けることは実質不可能と言って良いでしょう。
しかし、特定の猫アレルゲンに抗体を持つ人はアレルギー症状に苦しむことになるので、あまりに重度の場合はできるだけネコとの接触を避けて生活するしかないのです。
ペット可の賃貸物件などでネコと暮らせることになった場合も、隣や上下階に猫アレルギーの住人がいないとも限りません。
猫アレルギーの基本知識を知っておくことは、万が一の近隣トラブルを防ぎ、適切な対処や配慮をするための大切なマナーとなります。

猫アレルギーを正しく理解しよう

猫アレルギー持ちでもネコと一緒に暮らすには

「飼い始めてから猫アレルギーらしいことが分かった」ということも、実際にはあります。
とは言え、最後まで責任を持って面倒を見ることが大前提である以上、猫アレルギーを理由にネコを手放す事態だけは避けたいものです。
これからネコを飼う予定で不安がある人は、皮膚科でアレルゲンの有無や程度を特定する検査を受けるほか、猫カフェなどで実験的にネコと接触してみるのも目安になります。
一般にアレルギーは、「慣れれば治る」という単純なものではありません。
しかし程度にもよりますが、実は猫アレルギー持ちであってもネコと共生することは不可能ではないことが、数々の実例から証明されるようになっています。
猫アレルギーの症状を軽減するには、まず室内に落ちたネコの毛やフケなどの掃除を徹底しましょう。
この場合は水拭きを先に行なうなど、毛やフケをホコリと一緒にまき散らさない工夫が必要です。
ネコが触れる寝具やカバー類はこまめに洗濯し、空気清浄器を活用して見えないハウスダストを除去することも面倒がらずに励行します。
週1回程度のシャンプーでネコの身体を清潔に保ち、ブラッシングで抜け毛を減らすなどの習慣も、アレルギー症状の軽減に効果大です。
集合住宅でペットを飼育するとき、猫アレルギーは住人全体の問題として捉える心がけが求められます。

猫アレルギー持ちでもネコと一緒に暮らすには

ページトップへ

ペット可物件をお探しならペット賃貸カンパニー
電話でのお問い合わせ:03-5989-1625 営業時間:10:00~19:00 定休日:水曜日
メールでのお問い合わせ