ペット可物件の悩みの常連・ネコの爪とぎ対策とは

ネコの爪とぎは野性の証明

どんなにかわいいネコであっても、「やられた~っ!」と飼い主を絶叫させるのが、いわゆる「爪とぎ」の習性です。
マンションの柱や壁、床などの気に入った場所でガリガリ…時にはカーペットやソファも被害に遭い、見る影もなくボロボロにされてしまうことは珍しくありません。
特にペット可の賃貸物件である場合は、「飼い主がしつけをしていれば避けられた瑕疵」とみなされ、賃借人に原状回復の義務が発生する可能性が高くなります。
状態によっては、多額の修復費用を負担することにもなりかねないネコの爪とぎ被害ですが、実はポイントをおさえたしつけと生活上の工夫で、最小限におさえることも不可能ではありません。
ネコが爪をとぐのは、一つには本能であるハンティングに必要な武器としての爪を手入れするためです。
古い爪を取り除き、新しい爪をすぐに使えるようにコンディションを整えていると考えられますが、爪を刺激することでストレス発散の効果もあると言われています。
もう一つには、爪とぎは自分の縄張りを知らしめるためのマーキング行為も兼ねているといいます。
ネコは自分の縄張りと決めた場所で爪をとぎ、肉球にある臭腺から分泌されるニオイを擦り付けることで周知するというわけです(人間には分かりませんが…)。
このように、ネコの爪とぎは完全に本能からくる行動なので、人間の都合でやめさせることはできません。

ネコの爪とぎは野性の証明

爪とぎ器はネコの気持ちが最優先

そこで、賃貸物件で共生するための最も妥当な解決策としては、爪とぎ器に慣れさせる、というより爪とぎ器をネコ様に気に入っていただけるように仕向けることです。
市販の爪とぎ器(スクラッチボードなど)を用意するか、爪がかかりやすいカーペットや目の粗い敷物の端材、段ボールなどを利用しても良いでしょう。
素材やタイプの違う爪とぎ器を何種類か用意して、お気に召すものを選んでいただくのも良い方法かも知れません。
仔ネコのうちから飼う場合は、最初が肝心です。
壁などに爪を立てる仕草を見たら、爪とぎ器のある場所にすかさず連れて行き、爪をとぐ動作をさせて覚えるように根気よくしつけましょう。
マンションなどの室内飼いなら、爪とぎ器が組み込まれているキャットタワーも便利です。
成猫の場合は、一度決めた場所は縄張りという認識で定着してしまうので、場所を変えることはかなり難しいと言われます。
譲歩案としては、傷つけられると困る場所を保護用のツルツルした壁紙でカバーするなどの対処方法があります。
そうする中でネコの行動を観察し、マーキングしそうな新しいポイントに爪とぎ器を置くなど、折り合いをつけながら試す努力も大切です。
なお、市販の爪とぎ防止スプレーは手軽ですが、どのネコにも効果があるとは限らない点に注意してください。

爪とぎ器はネコの気持ちが最優先

ページトップへ

ペット可物件をお探しならペット賃貸カンパニー
電話でのお問い合わせ:03-5989-1625 営業時間:10:00~19:00 定休日:水曜日
メールでのお問い合わせ