ペット可物件での室内飼育ネコの「縄張り意識」とは

テリトリー内の巡回はネコの日課

「縄張り」を意識した行動は、野性動物の習性としてよく知られるものの一つです。
縄張り=テリトリーは、個体それぞれの生活に必要な限定された行動範囲を指します。
獲物を捕獲したり、安心して眠ったりするためだけでなく、他の個体との無用な争いを避けるためにも、テリトリーの確保は有効な手段となります。
特に、単独で狩猟をするネコ科の野性動物は、身の安全が守れる自分のテリトリーは重要な意義を持つものですが、野性の本能を色濃く残すイエネコ、つまり身近な飼いネコたちにとっても、テリトリーは同じように大切です。
室内と戸外を自由に行き来している飼いネコの場合、食事や睡眠のスペースのほかに、家を中心とした半径100~500mくらいの範囲が「オレ様の縄張り」になっているといいます。
毎日外出してはこのテリトリー内を巡回し、自分のニオイを付けるマーキング行動によって他のネコにアピールして回ります。
つまり、ネコにとってはこれも社会平和を保つ上での立派な仕事なので、「ウチの子ったら毎日どこほっつき歩いてんだか」などと責めるなんて、もってのほかなのです。

テリトリー内の巡回はネコの日課

完全室内飼いネコの縄張り意識

では、ペット可賃貸物件で飼育されているネコの場合は、自分のテリトリーにどのような意識を持っているのでしょうか。
観察していると分かるように、室内飼いのネコも、外ネコ同様に自分の生活テリトリーをきちんと形成し、常時チェックを怠りません。
戸外に出ることがない室内飼いのネコは、もっぱら家の中がテリトリーになりますが、自分の知っている状況に変化がないかどうかにはとても敏感です。
たとえば、見慣れないモノを発見したり、見知らぬ人が訪れた場合などは、危険の有無を慎重に見極め、安全と判断したらマーキングをして自分のテリトリー内の「所有物」とします。
よく、ネコにスリスリされたのを「ああ、なついてくれた」と勘違いして喜んでいる人がいますが、あれはマーキング行動にすぎないのです。
ネコはテリトリー内の変化を嫌うので、頻繁に家具の位置を変えたり、新しいモノを持ち込んだりすると落ち着くことができません。
またネコを複数頭で飼育している場合も、各自のテリトリーと、共有のエリアが存在するので、食器やベッドを別々にするなどの配慮が必要です。
家の中だけがテリトリーであるネコが、窓やベランダからじっと外を見ていることがよくありますが、これは「そこから見える景色」も自分のテリトリーとして認識しているためではないか、との説が有力になっています。
テリトリーを守りつつ、人間の生活に合わせて妥協する術も心得ているネコは、人間以上のバランス感覚の持ち主なのかも知れませんね。

完全室内飼いネコの縄張り意識

ページトップへ

ペット可物件をお探しならペット賃貸カンパニー
電話でのお問い合わせ:03-5989-1625 営業時間:10:00~19:00 定休日:水曜日
メールでのお問い合わせ