賃貸物件における「ペット可」と「ペット共生型」の違いとは

ペットと一緒に暮らす賃貸物件を探す前に知っておきたいこと

可愛い愛犬とともに暮らしたい!という人が増えている中で、ペットの飼い方などもご近所同士でトラブルになることが少なくありません。
ペットと一緒に暮らす賃貸物件を探す前に知っておきたいこと 安心してペットを飼えるように、最近ではペット可になっている物件も続々と登場していますが、このペット可を巡って新たなトラブルが発生しているのを皆さんはご存知でしょうか?
例えば集合住宅や賃貸物件でもペット可という記述があれば誰でもペットを飼っていいという認識で入居されると思いますが、入居されている方全員がペット好きだったり、ペットを飼っているわけではないということを予め理解しておく必要があります。
住居者の中にはペットが苦手だったりペットアレルギーという方もいらっしゃるかもしれませんし、たまたまペット可ということを知らずに賃貸物件に入居してしまった可能性もあります。
このことを念頭に入れて賃貸物件を決めていく必要があります。

ペット可とペット共生型の違いについて

ペット可の賃貸物件は基本的に賃貸物件を所有しているオーナー側がそれを承諾しているというだけで、入居者のすべてがペットを飼っていたりペット好きということではありません。
このスタンスとは逆に最近ではペット共生型という賃貸物件も登場してきています。
ペット共生型というのは、分かりやすく言えば入居者のすべてがペットを飼うことを希望して賃貸物件を選んでいる、というスタイルなので、入居者はほぼペットを飼っていたり犬好きだったりします。
そのため、ペットを巡ってトラブルに発展するケースも極力避けることができ、尚且つ犬好きのご近所さんとお知り合いになることもできるので新しいコミュニケーションの場が広がると好評です。

ペット可とペット共生型の違いについて

入居後のトラブルを避けたいのならペット共生型の方が安心!

入居後のトラブルを避けたいのならペット共生型の方が安心! ほかの住居者がペットを飼っているかどうかを気にしないのであればペット可もペット共生型も後は飼い主さんの希望次第で決定すれば問題はないのですが、ペット可とペット共生型の違いは入居してみると違いが大きいことが分かります。
特にペットをまったく飼っていない賃貸物件に1人犬を飼っていると肩身の狭い思いをしたり入居者から苦情がきたり、気を使う場面も出でくるでしょう。
こうしたトラブルを極力避けたいということであれば、やはりペット共生型の賃貸物件を選んだ方が後々安心して生活を送ることができるのではないかと思います。

ページトップへ

ペット可物件をお探しならペット賃貸カンパニー
電話でのお問い合わせ:03-5989-1625 営業時間:10:00~19:00 定休日:水曜日
メールでのお問い合わせ