ペット可賃貸物件で暮らす犬のストレスケアでトラブルを回避

ペット可の賃貸物件で犬を飼う場合

ペット可の賃貸物件で犬を飼う場合 賃貸物件でペット可の物件も増えてきていますが、一人暮らしの女性などはペットを飼って寂しさを紛らわしたり、疲れを癒したりすることで生活を充実させることもあるでしょう。 とはいえ、物件がペット可であっても間違った飼い方をしていれば犬の方にストレスが及んでしまい病気になったり元気がなくなってしまったり、色々なトラブルを発生する原因にもなります。 犬は人間とは違ってちょっとしたことや人間には気にならないことでもストレスを感じる動物です。 犬の気持ちに寄り添ってしっかりストレスケアできる飼い主を目指しましょう。

犬のストレスをケアするにはまずお散歩から

犬のストレスをケアするにはまずお散歩から 犬のストレスを発散させる一番の方法、それはやはりお散歩です。 あまり過剰に外に連れ出したり動かすことは逆にストレスを与えるのでは?と思われるかもしれませんが、家の中でずっとこもっていると犬は窮屈さを感じてしまいそれが次第にストレスになってきます。
人間でも外出しない日が続けばストレスを感じるようになるものですが、犬もそれと同様だと考えてください。 お散歩をする感覚としては毎日1~2時間前後、近所の公園や広場を飼い主と動き回るだけでも運動不足が解消されてストレス発散になります。 またエネルギーをたくさん外に放出することは犬の健康にもいいことなので、ぜひ積極的にお散歩に連れ出してください。

犬は環境に慣れさせることが大事

犬はいろんなものに対して敏感に反応する生き物ですが、特に初めて経験するもの、初めて見るものに対しては過剰に反応を示します。 しかし慣れてくるとそういった不安やストレスも解消されるので、まずは慣れさせることから始めましょう。 特に賃貸物件に引っ越してきたばかりという方、違うお散歩コースに切り替えた、新しいおもちゃを買ってあげたという場合は犬がそれに反応してストレスを感じてしまうので害がないことを早く教えてあげるようにするといいでしょう。

犬は環境に慣れさせることが大事

ページトップへ

ペット可物件をお探しならペット賃貸カンパニー
電話でのお問い合わせ:03-5989-1625 営業時間:10:00~19:00 定休日:水曜日
メールでのお問い合わせ