ペット可賃貸物件で暮らす猫に不妊手術が必要な理由

ペット可賃貸物件で猫を飼う場合にも不妊手術をした方が良いかもしれない

生き物の尊厳にかかわることなので一概に断言できませんが、ペット可物件や一軒家などで飼われる場合、子作りをしないのであれば不妊手術をした方が良いとされています。
いろいろな理由が思いつくはずで、その最たるものは、ペット可賃貸物件の場合、その他の部屋の猫との間に子どもができる可能性もあります。
責任問題にも発展しますし、誰にも飼われることなく結果的に…というケースも考えられるでしょう。
それらを防ぐためにも不妊手術は必要です。 ペット可賃貸物件で猫を飼う場合にも不妊手術をした方が良いかもしれない
またほかにも理由はあり、特定の病気になるリスクを抑えるができるのは大きなメリットでしょう。 具体的には子宮蓄膿症などの一部の生殖器系の病気リスクを下げる可能性があるでしょう。
愛猫には元気に長生きしてほしいと願っている飼い主が多いですが、不妊手術をすることでその願いが叶うかもしれません。
そして猫は当然発情も行うでしょう。
となるとそれに応じてストレスが発生することもあり得ますので、子作りをしないのであれば避妊手術や去勢をすることは必須かもしれません。

貸物件で愛猫と幸せに暮らすために

最近はペット可能な物件も急増していてそれに伴って猫や犬と一緒に住む人がいます。
人間も猫なども幸せに暮らすためには、猫が元気でなければいけません。
上記したような理由で猫がストレスを感じる機会が減ったり、特定の病気になるリスクが低減するのであればそれは嬉しいことでしょう。
また避妊手術や去勢を行うことによって寿命も延びると言われており、オスメスともにそのような傾向が出ているようです。
貸物件で愛猫と幸せに暮らすために その他の要素もあるので一概に言えませんがこういった傾向にあります。
こういった理由からペット可の物件に入居している人達の多くが避妊手術や去勢に興味を持っているのですが、いくつかデメリットがあることも理解しておきましょう。
それは子どもが産めなくなるなどですが、そういったデメリット以上にメリットの方が大きいと判断されるケースも増えてきているのです。 何よりも望まれない妊娠が減り、それによって殺処分される猫の数が減るというのはかなり大きな魅力だと言えそうです。
避妊や去勢手術をすることで積極的に他の家で飼われている猫と遊ばせることができ、ペット可物件のメリットをより活かすことができるでしょう。

ページトップへ

ペット可物件をお探しならペット賃貸カンパニー
電話でのお問い合わせ:03-5989-1625 営業時間:10:00~19:00 定休日:水曜日
メールでのお問い合わせ