ペット可賃貸でもNGな犬の「無駄吠え」はしつけで直せる?

ペット関連の近隣トラブル第1位はイヌの「無駄吠え」

ペット関連の近隣トラブル第1位はイヌの「無駄吠え」 イヌの「無駄吠え」は、飼い主と近隣住民の大きな悩みの一つです。
イヌが吠える声は、体の大きさに関わらず遠くまで響く性質があります。
狩猟犬や牧羊犬、番犬が活躍していた時代ならともかく、現代の人間社会において、無駄吠えは近隣住民に対して迷惑な騒音被害をもたらす問題行動となっています。
よその飼い犬の昼夜を問わない吠え声が原因で、ストレスからうつ症状になったり、平穏な生活が乱されて家族関係が悪化するといった事例や、飼い主が再三の勧告に従わないために、被害者である隣家のほうが引越しを余儀なくされるといったケースも見られます。
ペット可賃貸物件の入居者はペットに理解のある人がほとんどですが、度を越した犬の無駄吠えは、まず歓迎されないものです。

イヌにだって言わせてほしい

イヌが吠えるのは、何らかの主張を自身の言葉で伝えようとするためですが、人間社会の規範の許容範囲を超えたものは「無駄吠え」と呼ばれ、矯正対象とされています。
よくある無駄吠えの原因には、飼い主が構ってくれない、散歩に連れて行ってくれないといった欲求不満があります。
つながれたまま留守番ばかりさせられていたり、テリトリーに他者や不審者が侵入してきたときも、かなり本気で吠え続けます。
大きな雷や、掃除機、インターホン、ドライヤーなどの音への威嚇、病気やケガによる痛みの訴え、また老犬では認知症の症状の一つとして、無駄吠えすることがあります。
イヌにすれば意味もなく吠えているわけではないのですが、飼い主が肩身の狭い思いをしながら毎日をすごすなど、かつて心に描いたペットとの楽しい暮らしとはだいぶかけ離れたものになっているのではないでしょうか。

イヌにだって言わせてほしい

無駄吠え解消は「オレ様症候群」の克服から

無駄吠えには、イヌ自身の自己主張、縄張り意識、自己防衛本能など様々な背景があるため、吠えるイヌ=悪いイヌという図式は正しくありません。
しかし、よその人やイヌに吠えかかったり、昼となく夜となく吠えまくるイヌは、やはり社会の問題児です。
無駄吠え解消は「オレ様症候群」の克服から 無駄吠え矯正の第一のポイントはイヌの欲求を見極めることですが、その前に、飼い主との主従関係がしっかりできているかどうか確認しましょう。
イヌが、自分を最上位=「オレ様」と思い込む「アルファ症候群」でいる間は、無駄吠えどころかどんなしつけも絶対にうまくいきません。
ですから、リーダーはあくまで飼い主のあなたやその家族であることを徹底的に覚えさせ、飼い主の指示には絶対に従うという行動様式を身につけさせることが重要です。
健全な主従関係の上に、イヌの性格や傾向を知る飼い主が愛情を持って原因を理解し、それを排除、あるいは慣れさせることで、無駄に吠える習慣をなくしていくことができます。
ペットと楽しく暮らすには、物件の入居条件以前に、社会との関わりに対する飼い主の意識が問われることを覚えておきたいものです。

ページトップへ

ペット可物件をお探しならペット賃貸カンパニー
電話でのお問い合わせ:03-5989-1625 営業時間:10:00~19:00 定休日:水曜日
メールでのお問い合わせ