ペット可物件のために覚えておきたいネコの習性の基礎知識

ネコの習性は野性の証し

ネコの習性は野性の証し ネコとの暮らしを実現させたい人が、ペット飼育OKの賃貸物件を探すことになったときに知っておきたいのが、ネコに本来備わる習性です。
ネコはイヌに比べて、野生の本能を色濃く保っています。
そのため、賃貸物件でネコを飼育する場合は、その習性をよく理解し、ネコと飼い主が暮らしやすい条件の揃った物件を探すことが大切です。
基本的なしつけさえできれば、ネコは完全室内飼育に適していると言われますが、やはり「ニオイ」や「傷」、「騒音」などの問題と無縁ではありません。
ペット飼育に好意的なオーナーであっても、賃貸住宅である以上は原状回復を念頭に置いて生活し、ルールや近隣マナーを守る態度が求められるのは言うまでもないことです。

マーキングや爪とぎ行動から壁を守る!

マーキングや爪とぎ行動から壁を守る! 爪とぎは、ネコ本来の習性なのでやめさせることはできませんが、自分のニオイがついた場所をその後も爪とぎ場にする可能性があります。
専用のスクラッチボードに慣れさせるとともに、壁や柱をツルツルした感触のクロス類でカバーして保護することをおすすめします。
また、壁やドア、柱などにスリスリするのは、自分のニオイを付けることでなわばりを示すマーキング行動です。

マーキングや爪とぎ行動から壁を守る! ニオイ自体は人には感じられませんが、頻繁にすりつけている部分には脂分のシミができる場合があるので、やはりクロスなどでの養生が必要でしょう。
ネコは体臭がないといっても、トイレの排泄物はさすがにそうではありません。
ニオイで迷惑をかけないよう、ベランダなどにペットのトイレを置かないことは基本的なルールですが、きれい好きなネコの気持ちを考えるなら、落ち着いて用が足せるトイレスペースが確保できる間取りかどうかにもこだわりましょう。

ネコの習性は魅力の一つ

ネコの習性は魅力の一つ ネコは敏捷に動くので、突然ジャンプして高い所に上がったり、狭いすき間をくぐり抜けて脱走する可能性があります。
実際に、逃げたネコが道で迷子になって交通事故に遭ったり、高い階のベランダや窓から落下する事故は少なくないのです。
ネコは自宅の外には出さないで飼うことが鉄則ですので、高層階の物件や、ワンルームのように玄関ドアからベランダまでが素通しのような間取りは注意すべきでしょう。
ネコは上下運動が好きな動物なので、昇り降りして遊べるキャットタワーなどを配置することをイメージして、間取りやレイアウトを検討します。
発情期を迎えたネコは、鳴き声や雄ネコのスプレー行動などで、飼い主だけでなく近隣の人々をも悩ませます。
そのため、適切な時期に去勢・不妊手術を済ませておくことは、集合住宅でペットを飼う場合の常識的なマナーとなりつつあるようです。
ネコは、身近でありながら未知の部分も多い動物であり、そこがたまらない魅力でもあります。
習性を理解して、ネコと飼い主がともにハッピーに暮らせる賃貸物件を探しましょう。

ページトップへ

ペット可物件をお探しならペット賃貸カンパニー
電話でのお問い合わせ:03-5989-1625 営業時間:10:00~19:00 定休日:水曜日
メールでのお問い合わせ