室内飼いのペットにやさしい賃貸物件のポイント

ペットにとって危険な賃貸物件はたくさんある

近年はペットを飼い始める方が昔以上に増えてきました。
小型犬や猫、うさぎなどのような室内飼いペットが特に人気で、多くの方の心を和ませています。
こういった状況になった最大の要因は、ペット可賃貸物件が大幅に増えたことでしょう。
以前は鳴き声の問題や傷をつけてしまう、などの問題で、
なかなかペット可賃貸物件がありませんでした。ところが、最近新しく建っているマンションを見てみますと、
「ペットOK」と書かれていることが多くあります。
しかし、室内でペットを飼っていると、
危険な現場に出くわすことが多々あります。
電気コードを噛んでいるなんてこともあり、
これは最悪火事にもなるので非常に危険でしょう。

さらに勝手にバスルームに行っておぼれそうになったり、調理中の台所にのぼってしまって怪我の危険を感じてしまうこともあります。こういったことは飼い主が気を付けていればある程度は回避できるものですが、
中にはどうしても厳しいものもあるでしょう。

ペットが安心して住める部屋について

家族同然でもあるペットと安心して暮らすためには、様々な工夫をする必要があります。
一軒家にお住いの方以外には、ペット可賃貸物件にて室内飼いのペットと共に暮らしているでしょう。
最近のペット可賃貸物件の中には、あらかじめペット用のドアやお風呂が備え付けられているものもあります。

そしてペット専用の遊びスペースが用意されているものもあり、とても楽しく暮らせるでしょう。
しかしそういった物件は一握りで、多くの場合はただ壁が厚いだけとなっています。
騒音をあまり気にしなくていいのは助かりますが、安心して住むためには不十分です。
できれば、あらかじめ柵がある、リードフックがある、傷が付きにくい床や壁、ペット専用の脱臭機器がある、などのペット可賃貸物件を選びましょう。少しランクが上のペット可能なマンションだと、住人のみが使用できるドッグランが併設されています。こういった物件だと室内飼いのペットは、楽しくそして安心して暮らすことができるでしょう。もちろんあらかじめ備え付けられている設備のみでは足りないでしょうから、必要に応じて安全グッズやペットが楽しめるスペースなどを作ってあげてください。
危険を排除して心地よく暮らせる場所を室内飼いペットのために作るというのは、飼い主の責務かもしれません。

ページトップへ

ペット可物件をお探しならペット賃貸カンパニー
電話でのお問い合わせ:03-5989-1625 営業時間:10:00~19:00 定休日:水曜日
メールでのお問い合わせ