ペット可賃貸物件って普通の物件とどう違うの?

ペット不可の物件より厳しい条件が前提

ペット可の物件の最大の特徴は何といっても家賃で、
ペット不可の一般的な物件に比べて1割から2割程高い傾向にあります。また退去時の条件が厳しいことにも注意します。
例えば入居時に壁紙修繕など、原状回復を無償で行うというような誓約書を書かなければいけないこともあります。
またそれ以外にもペットが汚してしまった壁や床は敷金で
修繕されますので、人間だけの賃貸利用に比べて敷金の返金額が少ないことも特徴です。
加えて一口にペット可と言っても、その種類によって入居の可否を決める必要も生じます。
例えば犬と猫の場合は、室内で爪を立てたりする可能性から、猫の方が入居が難しいと言われます。
犬の方が賃貸での飼育を受け入れられやすいですが、大型犬は一戸建てやテラスハウスなど物件自体が限られているのが現状です。
そして自分の飼育しているペットに見合う物件が見つかったとしても安心はできません。
実際に住みやすい物件なのか周辺の環境はどうかと言った、ほかの条件が希望をクリアしていない可能性もあります。
やっと飼育可能な環境を見つけたからといっても安心せずに、きちんと全ての希望条件を満たすか、あるいは譲歩できるかを確認することが大事です。

物件のルールに甘えず飼主側でも対策を

前項でデメリットを挙げましたがメリットももちろん存在します。
まずは防音設備や防臭器具のようにペットに対する設備が整っていることです。
ペット可物件は家賃が高いと述べましたが自分たちで用意する負担を踏まえて見ると、
総合的には安い家賃になることもあります。
ペット可の物件に入るだけで自分やペット、そして周囲に負担を強いることなく生活できる点は最大のメリットです。もちろん全ての物件に当てはまるわけではありませんから、必要に応じて飼い主側でも対策を行いましょう。

例えばエアコンは空気清浄機能が備わっている物を選び、
冷暖房と同時にペットの臭いも解消すると一石二鳥です。
また玄関にペットの糞尿用のゴミ箱を設置すると室内まで臭いが広がりません。
ゴミ箱に関しては特に選ぶ必要もないので安価なものを用意しても良いでしょう。
室内でも動き回るペットであればマットの使用も不可欠です。
爪痕や汚れが少なければその分退出時の修繕もなくなり、
敷金の返却が少ないというデメリットを防ぐことにも
繋がります。
またもう一つ、ペットへのしつけも引越し前に
行っておきましょう。
ペット自身が不用意に室内を汚さないようにすると
理解していれば、そもそも対策を練る負担も軽くなります。

ページトップへ

ペット可物件をお探しならペット賃貸カンパニー
電話でのお問い合わせ:03-5989-1625 営業時間:10:00~19:00 定休日:水曜日
メールでのお問い合わせ